ren的…

巷で話題の時事ネタや政治ネタなどを書いています。

安部政権の政治手法と野党勢力の政治姿勢はどっちもどっち

renです。

 衆議院議員選挙も終わり、与党圧勝の結果となりましたが、大半の方がこの結果を予想していたのではないかと思います。

「安部一強政治の打倒」等の主張が多く見受けられた様に思いますが、政策論争には程遠い選挙戦となり、政治手法の批判に終始する野党が、まかり間違って政権を担う事になればどの様な政権運営を行う事になっていたのでしょうか?

民進党から大挙しての希望の党への鞍替え騒動や、それに伴う立憲民主党の立ち上げ等々、野党勢力の騒々しさは政権与党勢力の安定感を逆に演出した様にも思えます。

僕は支持政党は無く、いわゆる無党派層です。自民、公明両党にもその他の野党勢力にも特に思い入れはありません。

安部政権の政治手法にも強引さや傲慢さを感じ、安部晋三首相のヒステリックな国会答弁(興奮した時のみとは思われますが…)には嫌悪感を覚えます。

それと同じ様に、選挙にあたって議席確保に奔走し、混乱を極めた野党勢力の離合集散騒動にも嫌悪感を覚えます。

与党安部政権の政治手法と野党勢力の政治姿勢はどっちもどっちだと思う訳です。

地滑り的大勝とも言われていますが、与党勢力からは「謙虚に…」と言うフレーズが漏れ伝わっている様です。

野党混乱の中心人物の一人である小池百合子党首も「排除の言葉が…」「鉄の天井が…」などと言い訳している場合ではないと思いますが…

政治姿勢は政治手法の前段にある物なのではないでしょうか?

 

さらっと終わらせていただきました。

 

失礼します。